虫歯だとおもって歯医者に行ったら歯肉炎だった

食べ物を噛むと違和感があり、それがだんだんと痛みに変わってきた。しばらくは放っておいたのだが、痛みが耐え難くなってきたので歯医者に行った。てっきり虫歯だと思っていたのだが歯肉炎で歯茎の奥の方が痛かったようだ。とりあえず歯を少し削って噛み合わせをよくしてもらい、痛み止にバファリンももらった。その日買ってきたにぎり寿司を食べたら猛烈に痛かった。夜寝る前に痛み止を飲んだが痛みで夜中に起きてしまったので、もう一度痛み止を飲んで寝た。次の日もやはり痛かったので固いものはたべられず、おかゆをつくってもらって食べた。

家族で外食する機会もあったのだが歯が痛いので、家に残って一人でご飯を食べた。しかし次の日になると驚くほど痛みは軽減していて、普通のものも食べられるようになってきた。だんだん歯の奥の方よりも表面の方が痛くなってきたので、家にあった歯肉炎の塗り薬をつけるようにしたらほとんど治ってしまった。あのものすごい痛みは何だったのだろうと思ったが、とにかく治ってよかった。しかし別の歯に虫歯が見つかってしまったので今も歯医者に通っている。歯が痛いのはやっぱり辛いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)