英語は繰り返しを嫌うので代名詞を使う

日本語を普段から使っていると、代名詞などはあまり気にしません。

しかし英語にはすごく複雑な代名詞があるのです。

例えば店の店員さんが「May I help you ?」と言ったとします。

すると客は「I want to buy a cap.」と言います。

そして店員さんが勧めます。「How about this one ?」と。

これはいかがですか?という意味です。

そしてそれが気に入らない客は「I don’t like it.」と言います。

そして「Show me another.」というわけです。

この中に出てくる代名詞は「one」「it」「another」です。

「one」は種類を表すので「cap」ならなんでも良いのですが、「it」は実物を表しますので「世の中に一つしかない」ものなのです。

そして「another」という概念は非常に難しくて、基本的には「在庫」のことです。

在庫は複数あるはずなので、それらから人る持ってきて見せてくれないかという意味になります。

そして絶対に使ってはいけない表現は「the other」です。

これは「オタクは在庫が一つしかないんだろうけど、それを見せてね。」という意味になるんです。さらに「the others」もダメです。

これは全ての在庫をここに持ってきてくれという無茶な命令になってしまうんです。

英語の代名詞はとても複雑なんですよね。図解した方が良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)