2016年・リオオリンピックが終わって・・・

2016年、4年に1度のオリンピックが終わりました。今回の開催地はブラジルのリオデジャネイロ。

日本の裏側ということで、試合をしている現地時間は日本で言う夜中から深夜にかけて。

最初はオリンピックに興味はなかったのですが、1度見始めたらドンドンとハマっていき、振り返ればもうほとんど毎日のようにリアルタイムで試合観戦をしていました。

メジャーな競技は勿論ですが、今まで知らなかった競技も見ることができ十二分に楽しめました。

今回のオリンピックでは色んな涙の物語がありましたが、その涙を見るたび私も選手と一緒に涙、涙。

同じメダルの色でも選手によっては悔し涙だったり、嬉し涙だったり。私にとったらオリンピックに行けるだけでも物凄いことなのに、金以外考えられない!というモチベーションで挑む選手の方々には圧倒されたというかストイックだなぁと感じたというか。とにかくいろんな面で凄い精神・考えを持っている人たちばかりだなと思いました。

4年後のオリンピックは開催が東京。今回のリオオリンピックを見て、4年後が凄く楽しみになりました。

あんなに無関心だったのに、鳥肌がたつレベルの試合を間近で見ることが出来るのか?と思うとワクワクが止まらないです。

ただ果たして大丈夫なのか?と心配・不安になることが幾つかあります。

まずお金の問題。ニュースを聴くと費用が予想していた額が足りず、1兆円以上必要になるとの事。そんなお金一体どこにあるのか。

そしてオリンピックが開催される時期。日本では灼熱である夏です。30度越えが当たり前の今の日本・東京で選手たちが本来の力が発揮できるのか。

日本で住んでいてこの暑さを知っている我々ですら、スポーツをするとなると幾ら万能な人でも熱中症になるくらいです。日本人でこんな感じになってしまうのに、暑さに慣れていない選手たちは一体どうなるのでしょう?そういった気候・気温の面を考えると、選手たちの体調面が物凄く心配になります。

新東京都知事の小池さんにはこのような問題点を一つでも改善してくれたら、と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)