衣類のタグは付けておくべきか、切り取るべきか。

Tシャツを買ったら、裏にすごく大きなタグが付いていました。

着る時に気になるし、表から透けて見えます。

切り取ってしまいたいけれども素材や洗濯の方法が書いてあるので、取ってはいけない気がします。

私の経験から言って、プチプライスな衣類ほどタグが立派な物が多いです。

上等なジャケットなどは、タグもお行儀が良いと言うか、控え目です。

考えてみれば毎日着るような服、特にインナーは、洗濯表示なんて役に立つでしょうか。

何と書かれていようが、ゴシゴシ洗って綺麗にするしかありません。

洗濯での注意点は、値札の紙にでも書いておいてくれれば十分な気がします。

だからタグなんて切り取ってしまえ、と思うのですがやっぱり切り取れません。

だってミシンでしっかり縫い込まれているのに、切り取ったらキズ物になる気がします。

頻繁に洗濯する物では、たまにタグの文字が消えて真っ白になっていることがあります。

そのときはさすがに見かねて切り取ります。

先日通販で購入したインナーは、タグが付いていなくて、生地そのものに洗濯表示がプリントされていました。

この手があったのね!と感激しました。

けれども何回か洗濯したら、すぐに塗料が剥げてきて読めなくなってしまいました。

これではあまり、評判が良くないと思います。

衣類のタグには、消費者も生産者も頭を悩ませているのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)