病院通いに慣れ過ぎた我が子たち

先日、7歳長男の目が花粉で痒くなって眼科に連れて行きました。

5歳の次男も連れて行きました。

それ程混んではいなかったのですが、先生が一人で診てくれているからか待ち時間が長くかかりました。

その間、他のうちのママさんがやはりうちと同じくらいの兄弟二人を連れてやってきました。

すると、入るなり走り回り大騒ぎしていました。

ママさんはちょっと困っていましたが、仕方ないという様子で絵本で落ち着かせようとしたり言い聞かせたりと忙しそうでした。

それをみて、我が家は楽だなと思いました。

我が家の子供たちは、話はするけどそんな騒いだりして困らせることなんてあり得ませんから。

それは何故かってやはり病院に良く行くからだと思います。

病院とは具合悪い人が行く場所で、静かにするのだと言い聞かせた後にいつも連れて行くし、静かに本を読んで待つものだというのが理解出来ているのです。

普通は子供なんてそう言われても騒いでしまうのでしょうが、我が家は毎週のように病院に行っているからか、困らないその時期はとうに過ぎてしまった訳です。

病院通いするのに慣れてるのもなんか悲しいですが、もう慣れてるおかげで親は病院連れてっても長い待ち時間にあたふたする事とは無縁ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)