メジャーでも輝く二刀流

 すごいですね、エンゼルスの大谷翔平。

 オープン戦の時はどうなるかと心配になりましたが、いざ開幕しますと初打席でいきなりのヒットから始まり、2日は初先発で初勝利、今週は2試合続けてのホームランとメジャーでも輝き始めてます。しかも、2本目のホームランは昨年のサイヤング賞右腕、クルーバーから放ちました。正直、こんなすぐに適応し始めるとはただただ驚きです!!メジャーでもベーブルース以来の快挙と大きく話題になっております。

 高校時代から投手としてはMAX160km/h、野手では通算56本塁打と投打に輝かしい実績を引きさげ、2012年に北海道日本ハムファイターズに入団しました。

 しかし、当初大谷自身は高校から直接メジャーに行くことを志望してました。そこで、栗山監督を中心として何とか説得して入団して今の大谷翔平がいるわけですが。僕も日本ハムに入団したからこうして今でも二刀流続けられたのかなと思います。なぜかって、それは昨年まで日本ハムで二刀流で育成続けたからだと思います。

普通、高校生や大学生とかアマチュアからプロ野球に入団するにあたり、投手か野手か、どちらかを選択しなければならないような風潮てあったようですけれど、どっちもできるならいっそのこと二刀流で育成を続ける選手が増えてもいいのかなと思います。今年のドラフトの有力選手でも二刀流できそうな選手もいますので、ぜひとも大谷の後に続く選手が出てきてもいいかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)