つくりおきでおいしく削減

巷で話題のつくり置き。私も最近進め方形でその話題に乗っかっております。流行りです何だとバカにするなかれ。減少も一家も下手で飽きくさいわたしがつくりおきを三ヶ月も続けられ、尚且つ食費も今までの半ばに抑えてられておるというワンダフルなこういう過去。減少が下手でめんどくさがりやのクライアントにこそオススメしたい減少術、それがつくり置きだ。わたしはつくり置き処方箋や誌を参考にして、ウィーク?10日分の企画を考え、OFFにまとめて取るようにしています。慣れないと半日要することもありますが、一年中チビチビ定めるよりも、一度にまとめて考えるほうがわたしは楽ですし、自分に合っていました。そうして、つくり置きしたものは毎日のお弁当や夕食で食べて出向く、という感じです。今までは、早朝お弁当を探る期間を熟睡時間に回し、それほど一年中外食でした。外食が高くつくのはわかっていましたが、ひとり暮しなので自分分を探るのも難しいですし、食材も余ることも再三。そのエネルギーや期間を考えると少し高くついても外食で良いや、なんて思っていました。けど、ついつい手にしたつくり置き処方箋を見て、これならとれるかも!といったのほほんと何とかみたところ、作ってしまえばお弁当は固めるだけでエネルギーはかかりませんし、毎日の食費は浮く。おまけに和食主要なので健康という、いいことづくめ。のほほんとで月続けてみたら食費は今までの半ば下記。無理して減少はわたしには苦しいけれど、つくり置きなら美味しくて楽ちんで、おまけにボディーにもきめ細かいので今も面白く続けてある。今すぐクリック