これはもう笑うしかないと思えるような出来事

私は30代後半の女性なのですがつい最近、結婚の仲人やお見合い相手の紹介をやっているという70代くらいのおじさんと知り合い、男性を紹介してもらい二人で食事をすることになったのですが、そこでの出来事です。紹介してもらった人ととあるレストランで会って食事をしたのですが、第一印象は外見はまあ悪くはないなと思いました。外見はです。

ただ、話をしていると訛りがひどくて何を言っているのか一見わかりにくいのです。イントネーションがちょっとよくわからない。こんなこともあるのかな?なんて思いながらレストランの席で食事を頼んで待つことになりました。その間中、訛りが気になって色々話しかけはするのですが返答がよくわからない。

そして頼んだ食事が来ました。そこは和食レストランだったので私はふつうに蕎麦を頼んで、相手の男性も蕎麦と天丼のセットを頼んでいました。そして食べ始めると、相手の蕎麦を食べるときにすする音がどうにも気持ち悪いのです。「ずるずる」ではなく、「きゅっきゅっ」というコップを布巾で拭いた時に出るような音でとてもとても気色悪いのです。

そして何時だったかの昔のニュースを瞬時に思い出しました。確か超有名野球選手の娘さんが結婚相手の蕎麦のすする音が気に入らなくて、結婚無期限停止?のような話があったよなと思ったのです。確かにこれはあるんだなと思い、これはもう笑うしかないわ、と思いました。この人とは一緒に食事に行きたくないわ、と本気で思ってしまった出来事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)